MANTANWEB(まんたんウェブ)

記事

一覧

2017年春アニメ短評:アニメ記者が独断と偏見で語る(2)

htmlspecialchars($art['image'][0]['caption'],ENT_QUOTES)
アニメ「進撃の巨人」シーズン2のビジュアル(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

関連写真特集

全4枚

 今年の春アニメが出そろってから1カ月以上がたった。「MANTANWEB」のアニメ担当記者が、「進撃の巨人 シーズン2」「グランブルーファンタジー ジ・アニメーション」「アトム ザ ビギニング」「カブキブ!」を独断と偏見で語る。

 ◇進撃の巨人 シーズン2

 バラエティー番組に取り上げられたり、主題歌を歌ったLinked HorizonがNHK紅白歌合戦に出場したりと、一世を風靡(ふうび)したシーズン1から実に4年たって待望のシーズン2。巨人たちとのバトルも、真相に近づいていくストーリーも、もちろん「心臓をささげよ!」と叫ぶ主題歌も含めて、すべてが期待通りの出来栄えだ。ただ、この4年でヒットアニメのトレンドが変わってしまったのだろうか、それとも酷評された実写映画の影響なのか、今回はもう一つファンの盛り上がりが感じられない。もっともここからさらに急展開していくので、今期随一の“間違いない”作品として、幅広い層にオススメしたい。個人的にはシーズン2のメイン格の一人、ライナー役の細谷佳正さんの活動休止が気になるが……。(立)

 ◇グランブルーファンタジー ジ・アニメーション

 大人気ソーシャルゲームのアニメ化で、正統派のファンタジーもの。アニメの質も良く十分合格点……のはずなのだが、原作ゲームが人気すぎて、アンチもいたりするわけで、いろいろと言われるのは仕方のないところだ。アニメとしては“優等生”的な作りで、欠点もない代わりにぶっ飛んだところがないのは確か。キャラクターは生き生きとしているし、正統派ヒロインのルリアも、ツンツンしている騎士のカタリナもビジュアル的にはいいと思うので、もう少し温かい目で見てあげてもいいと思う。(成)

 ◇アトム ザ ビギニング

 「鉄腕アトム」のアトムを開発することになる天馬午太郎、アトムの保護者となるお茶の水博士ことお茶の水博志の若き日を描いたマンガが原作で、天馬&お茶の水の凸凹コンビのダメっぷりが可愛い。おっさん(筆者)が男性キャラに可愛い!と思うのは気持ち悪いが、一生懸命で空回りする姿がほほ笑ましいのだ。アクションシーンは迫力があり、お茶の水の妹・蘭、ちょっとセクシーな堤茂斗子ら女性キャラも魅力的。特に蘭が可愛すぎる。アニメは全12話で、原作も連載中だが、せっかくなので、最後までアニメでやってほしいなあ……。(鉄)

 ◇カブキブ!

 敷居が高いイメージのある歌舞伎をどのように面白く見せるのか気になったものの、随所で主人公が素人にも分かるレベルで(勝手に)解説を始めてくれるお陰もあってすんなりと入り込めた。暴走気味の主人公が(強引に)周囲を巻き込んで和を形成していく姿は、王道とはいえ好みが分かれるかもしれない。テンション高めの主人公はじめ、クールすぎる親友、オラオラ系からいきなりオネエ言葉になった丹羽花満など、登場人物のキャラが立ちまくっていて、つい面白く見てしまう。それにしても、エンディングでまさかカブキロックス(のカバー)が流れるとは……。見終わった後、しばらく頭の中で「O・EDO~」のフレーズが頭から離れなかった。(鰭)

トピックス

アニメ 最新記事

アクセスランキング

    まとめタグ

    カテゴリー一覧