MANTANWEB(まんたんウェブ)

記事

一覧

飯豊まりえ:監督のねぎらいに涙 清水富美加“不在”の重圧に耐え続けた日々明かす

htmlspecialchars($art['image'][0]['caption'],ENT_QUOTES)
映画「暗黒女子」の初日舞台あいさつで、涙をぬぐう飯豊まりえさん

関連写真特集

全24枚

 モデルで女優の飯豊まりえさんが1日、東京・新宿で行われた清水富美加さんとのダブル主演した映画「暗黒女子」(耶雲哉治監督)の初日舞台あいさつに出席。清水さんの出家騒動以来、プロモーションなどに率先して立ち、重圧と戦ってきた飯豊さんは、スタッフ一同を代表した耶雲監督からねぎらいの言葉を手紙で送られると、こらえきれず涙した。

 最初は「富美加ちゃんに甘えようと思っていた」という飯豊さんは、突然の騒動により「一人で走らなくてはいけなくなった」と当時の心境を吐露。さらに「富美加ちゃんのために頑張らなくちゃってここまで来た」と明かし、「不安だったんですけど、こうやって皆さんに映画を見ていただくことができて、きっと富美加ちゃんにも思いは伝わっていると思う。この6人、7人で映画を作れてよかった」と涙ながらに思いを語った。

 「暗黒女子」は、秋吉理香子さんの同名小説が原作。セレブ女子高生たちが通う「聖母マリア女子高等学院」で、全校生徒の憧れだった白石いつみ(飯豊さん)が謎の死を遂げ、文学サークルの誰かが彼女を殺したといううわさが立つ中、いつみの親友だった澄川小百合(清水さん)が会長となり、「いつみの死」をテーマにした自作の物語を朗読する定例会で、それぞれを“犯人”と告発していく……というストーリー。4月1日公開。

 舞台あいさつには二谷美礼役の平祐奈さん、高岡志夜役の清野菜名さん、ディアナ・デチェヴァ役の玉城ティナさん、小南あかね役の小島梨里杏さん、北条先生役の千葉雄大さんが出席した。

トピックス

ブック 最新記事

アクセスランキング

    まとめタグ

    カテゴリー一覧